読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれブログ

気まぐれに書きます。カクヨムさんとこのリンクを貼っております。カクヨムさんの内容は載せておりませんが。

重要なお知らせ専用
気まぐれに書きます。カクヨムさんとこのリンクを貼っております。カクヨムさんの内容は載せておりませんが。
感謝用です。なお気象庁の情報を載せる事があります。ご注意を。
HPはここにあるのと、メモはここにあるのです。
なお全文章全画像(素材含む)キャプチャ含む無断転載は禁じます。
ただしこのブログはダーク感全開ですのでお気をつけて!
はてなアカウントもちの方のみ返事出来ます。

タイトル『なんでここにいるの馬鹿』

自由気ままに書きます 小説、短編


元ネタ:お題ひねり出してみた

続きから。

風が強く、立てない。
私は、ふらついた。
思わず座った時、誰かが手を差し伸べてくれた。
「なんでここにいるの。馬鹿」
「そんな事言わないでください。あなたを助けに来たんですから」
「……嘘よね。それ」
と言っているけど、彼の顔は笑っている。
「さあ、お姫様。私のお姫様、此方へ」
風はまだ強く、彼の手を掴んだ。
温かい手。
私は、強風が収まる翌日まで待った。
「ありがと。困ったら、また呼んでもいい?」
「ええ、構いませんよ」
「本当に感謝するわ」
そうして立ち去るんだけど、彼は優しい。
いつか、会えますよね?




こんな感じで。