読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれブログ

気まぐれに書きます。カクヨムさんとこのリンクを貼っております。カクヨムさんの内容は載せておりませんが。

重要なお知らせ専用
気まぐれに書きます。カクヨムさんとこのリンクを貼っております。カクヨムさんの内容は載せておりませんが。
連絡用はここにあるのです。ソフトとかの一部情報はここにあるのです。
感謝用です。なお気象庁の情報を載せる事があります。ご注意を。
HPはここにあるのと、メモはここにあるのです。
なお全文章全画像(素材含む)キャプチャ含む無断転載は禁じます。
ただしこのブログはダーク感全開ですのでお気をつけて!
はてなアカウントもちの方のみ返事出来ます。

短編:炎(視点系:星界神話二次創作)

自由気ままに書きます 小説、短編

続きから。

最初の時は不思議な人だと思っていた。
赤髪と赤眼。
それにして、忠誠心が強い。
そこなどに、私は惹かれた。
私は、彼が見ているだけでも嬉しい。
「……おい、雷電
雷電とは私の事です。※プレイヤー名が零流雷電なもので……w
「ひゃいっ!!!」
驚いた私は変な声で返事した。
「大丈夫か?」
「大丈夫です……はひ……」
心臓破裂思想な勢いで、緊張する。
私は、彼を見て、ため息を付いた。
「で、でも……夢は叶いませんよね……。あなたに興味があるなんて」
思わずその腕を捕まれ、引き寄せられた。
ドキッとした。
「あ、あわわわわ……。その、興味があるから、連れて行ってるみたいなもんですから……」
「礼を言わせてもらおう。ありがとう」
思わず私の顔が赤くなった。
ありがとうございます。
ただ、それでも緊張します。
私は、彼から離れられないのだろう。
そう思った。


★★あとがき☆☆
という感じで書いてましたひぃ。
え、こんな感じにならんかなーって思う私が居たりするけどなw
しかしホント星界神話の二次こそこそ書いてるけど大丈夫なもんかね……w